いろいろある小顔にする方法【ボトックス注射と呼ばれる治療】

サイトメニュー

小さい顔になりたいなら

カウンセリング

安く治療ができる方法

小顔になるための手術方法はとてもたくさんあるので、それぞれの特徴を頭に入れておき、自分に合ったものを探す時の参考にしておきたいです。まず二重アゴになっていると、それだけで顔が大きく見えてしまいます。そこでやっておくと良いのが脂肪の吸引です。メリットはなんと言っても小さな傷で済むという点でしょう。数センチから人によっては数ミリ程度の穴を開けて、管を通して脂肪を吸い出すのです。しかも脂肪細胞の数を減らすことができるため、いわゆるリバウンドなどといった状態が起こりにくくなります。また顎が長いと小顔に見えないため、削って短くする手術がありますし、前に出ているならその出っ張った部分を後ろに下げることで小顔になるのです。それ以外にも上顎を削るやり方もあるのですが、いずれの手術もたいていは口の中からアプローチをするため、傷口が見えることは少ないです。ただしメスで切開しますし、骨も削らなくてはいけないため、抵抗を感じる人も多いです。そのような時には、ボトックス注射と呼ばれる治療法があるため、検討しておきたいものです。小顔にするためには主にエラに打つことが多く、ボトックスを注入すると筋肉の動きが抑制されます。すると食いしばったり歯ぎしりしたりすることが少なくなるため、徐々にエラか小さくなってきて、結果的に小顔になるというわけです。患部に注射を打つだけなので、基本的には麻酔は使いません。どうしても痛みが嫌ならクリーム麻酔を用意している美容整形クリニックがあるので、お願いしてみましょう。脂肪がついたり、むくんだりすることで顔が大きく見えてしまうなどといった場合はよくあります。ただし基本的にはメスで切開するタイプの手術を受けたのなら、骨を削るため骨格が元の状態に戻ることはありません。そのため一度やれば再び小顔手術をすることがないので手間が省けます。ただ美容整形の中では比較的高額になる場合が多く、場合によっては数百万円ほどのお金が必要になることも珍しくありません。そこでメスを使うのが怖い時はもちろんですが、なるべく費用を抑えて小顔になりたいのであれば、ボトックス注射を選んでおきたいものです。エラの状態にもよるのですが、ほとんどの美容整形クリニックでは数万円で行えます。中には数千円で請け負っているところもあるため、探しておくと良いです。しかしボトックス注射は長くても半年ほどしかその効果が保たないので、一年に数回打てるだけの費用が用意できるのかをチェックしておきましょう。カウンセリングを受ける時に説明をしてもらえるので、しっかりと検討しておきたいです。それから小顔になるための手術を受けるなら、アフターケアも重要になります。特にメスを使用する手術では麻酔が切れると痛みが出るので、鎮痛剤や腫れを抑える薬の料金も調べておかなくてはいけません。ボトックス注射をしたのなら痛みはほぼないですし、若干赤くはなりますが、跡が残る場合も少ないです。それでも気をつけたいのは激しい運動をしたり、アルコールを摂取したりすることで、過度に行うと腫れる場合があるため、その時は医師に相談しましょう。

顔のイメージは変えられる

看護師

エラがはったり余計な脂肪が付いたりすると、顔の印象を変える解決策が問題になります。そのために美容クリニックでは各種の小顔整形を受けることが出来ます。原因に応じて注射をしたり脂肪を吸引したりするなど数々の選択肢があります。

詳しく見る

整形手術の準備

女性

大きな顔を小顔にできる施術はクリニックで医師とカウンセリングをした後、必要な書類を書けば実際に受けられます。受けられるプランは骨を削る方法や、注射でできる治療法などがあるので自分に向いているものを選べます。

詳しく見る

顔が大きく見える原因

医者

顔が大きく見える理由には骨自体が大きい、エラの筋肉が発達している、顔に脂肪がついている。肌がたるんでいるなどが挙げられます。美容外科で小顔整形を受ける際は、輪郭形成の症例数が多いなどを確認してクリニックを選びましょう。

詳しく見る