いろいろある小顔にする方法【ボトックス注射と呼ばれる治療】

サイトメニュー

顔が大きく見える原因

医者

自分に合う施術を選ぼう

顔が大きく見える理由としては骨格自体が大きい・エラにある筋肉が発達している・顔に脂肪がついている・肌がたるんでいるという3つに分類されます。骨格自体が大きい人の場合、顎の骨が長くしゃくれている・エラの骨が大きく四角張っているなどして、顔が大きく見えるのが一般的です。骨が大きいために顔も大きく見えるので、このタイプの人は食事制限や運動といったダイエットをしても、小顔にはなれません。骨が大きいことで大顔になっているという人が小顔になるためには、骨を削ったり切ったりするといった美容整形が必要です。エラ部分にある咬筋という筋肉が大きく発達していると、いわゆる「エラ張り」となり顔が大きく見える原因となります。筋肉を小さくするのは難しいですが、美容外科クリニックで受けられるボトックス注射であれば、このタイプの人も手軽に顔を小さくすることができます。体質的に顔に脂肪がつきやすいという人も、頬やフェイスラインが脂肪によって丸くなるため、顔が大きく見える要因の1つです。顔の脂肪はダイエットでは落ち難く、身体は痩せていても顔だけ脂肪で丸く大きいという、アンバランスな体型になってしまいがちです。ただ、顔の脂肪も美容整形で落とすことはできるので、このタイプの大顔さんも顔を小さくすることはできます。年齢を重ねるとフェイスラインがたるみがちですが、このたるみで顔の輪郭がぼやけて顔が大きく見えるケースがあります。フェイスリフトなどの美容整形を受けることで、たるみを解消すれば輪郭がシャープになり小顔になることも可能です。憧れの小顔になりたいと美容外科クリニックで小顔整形を受ける場合、クリニック選びを慎重に行う必要があります。顔を小さくする美容整形にはメスを使わないプチ整形と、メスを使う施術法とがありますが、どちらを選んでもクリニック選びは重要なポイントです。なぜなら、施術を行う美容外科医の技術や知識次第で、仕上がりが大きく変わってしまい、理想の小顔になれないケースもあるからです。美容外科医は全ての美容整形を得意としている人は少なく、やはり得意としている美容整形のジャンルを持っています。小顔整形を受ける際は輪郭形成を特に得意としている美容外科医がいる、クリニックを選ぶのが満足できる仕上がりにするためには大切です。輪郭形成を得意としているかどうかは、今までどのくらい患者さんに施術を行ってきたか症例数を確認すると判断しやすいでしょう。多くの患者さんに施術を行ってきた美容外科医であれば、様々な症例に対して的確な施術を提供してくれると考えられます。また、実際に施術を受けた人の口コミも確認して、本当に腕の良い美容外科医がいるかどうかも、クリニック選びの際に抑えておきたいポイントです。さらに、カウンセリングを受けてみて信頼できる医師かどうかを、見極めるということもクリニックを選ぶときの基準となります。施術内容を分かりやすく説明してくれる、また施術のメリットだけでなくリスクも包み隠さず話してくれる医師は、そうでない医師よりも信頼できるでしょう。美容整形は美容外科医との意思疎通をしっかり行うことが、仕上がりを左右するので信頼できるかどうかという点は、クリニック選びで最も重要視したい点です。