いろいろある小顔にする方法【ボトックス注射と呼ばれる治療】

サイトメニュー

顔のイメージは変えられる

看護師

当日は安静を心がける

顔の印象はそのサイズによって左右される部分が多いのは確かです。ただ顔が大きく見える原因には、筋肉や脂肪に問題がある場合と骨格そのものに問題の2つが想定されます。そこで小顔整形はそれぞれの原因に応じて術式が選択することになるのです。代表的な方法を御紹介します。プチ整形の一つとして良く行われているのは、ボトックス注射になります。筋肉を弛緩させ緊張をほぐすことで、咬む筋肉を小さくすることで、エラの出っ張りを小さくします。注射を利用した点では脂肪溶解注射も選択肢の一つです。これは頬や顎についた脂肪細胞を溶かす作用を持った薬剤を直接期になる箇所に注射する方法になります。脂肪除去を実感できるまでにはある程度の時間を必要としています。ところで小顔整形には、より本格的にアプローチする選択肢もあります。施術後すぐに効果を実感できるのは、脂肪吸引術と言う方法も比較的よく実際されています。脂肪吸引にはいくつものバリエーションがありますが、代表的なのはカニューレと言う、特殊な吸引管を皮下に挿入し直接脂肪細胞を除去すると言うものです。脂肪そのものを取り除くので、リバウンドのリスクがなく施術後速やかに効果を実感できるというメリットを有しています。骨が出っ張ることで顔の横幅が見えるという場合には、頬骨を削ることで小顔にする方法が有効的です。骨のでっぱりが顕著で見た目からも観察できるような状態の改善には特に効果を発揮するようです。このように小顔整形には原因に応じて、施術を使い分けることになるのです。顔に注射や各種の施術を加えて場合に、問題になるのはダウンタイムの問題です。ダウンタイムとは整形術後に手術部位やその周辺の組織が、元の状態に回復する過程で発生する腫れなどの症状のことを意味しています。小顔整形の為のボトックス注射や脂肪溶解注射などは注射部位の痛みや腫れについては、事前に麻酔が行われることもあり、ほとんど問題になりません。これに引き換え脂肪吸引や頬骨削りなどになると、手術後はしばらくはダウンタイム症状の管理が必要です。術部の腫れや浮腫みなどが代表的な症状ですが、実は従前に比べれば相当軽減されており、医師から処方される薬などをうまく活用することで克服できるように術式も発展を見せています。とは言っても医師からはしばらくの間、セルフケアを行うように指示があるので、その旨を守ることが重要なのは言うまでもありません。特に注意するべきなのは、小顔整形の施術当日から1週間程度の生活の過ごしかたになります。施術した箇所では、完全に健康な組織とは異なって各種の刺激にデリケートになっています。激しい運動やサウナやスパなどを行うことは全身の血行を促進し、顔にも血液が盛んに流入することを意味します。その結果内出血などをもたらす可能性があるので、控える必要があります。同様の観点からは飲酒を行うのも、血行を盛んにするので控えることになります。また激しいマッサージなど外的に物理的負荷を加えるのも、回復を妨げる場合があります。ただし脂肪吸引ではむくみを防ぐために圧迫固定を指示されることもありますが、自分流に行わず主治医の説明に従うようにしましょう。